カテゴリー
あやめの品種写真画像集

あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第10巻]

あやめ祭り会場[撮影場所:新発田五十公野(しばたいじみの)あやめ園]にて撮影

あやめ品種[紅牡丹]-

あやめ品種[紅牡丹]
あやめ品種[紅牡丹]

あやめ品種[磯の朝風]-

あやめ品種[磯の朝風]
あやめ品種[磯の朝風]

あやめ品種[幸若の舞]-

あやめ品種[幸若の舞]
あやめ品種[幸若の舞]

あやめ品種[石橋]-

あやめ品種[石橋]
あやめ品種[石橋]

あやめ品種[八ヶ岳]-

あやめ品種[八ヶ岳]
あやめ品種[八ヶ岳]

あやめ品種[湖水の色]
あやめ品種[湖水の色]

新発田五十公野あやめ祭り、あやめ園関連リンク集

新発田五十公野あやめ祭りの詳しい情報はこちら
いじみの公園あやめ祭りの雰囲気と写真集はこちら
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第1巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第2巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第3巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第4巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第5巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第6巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第7巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第8巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第9巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第10巻]

カテゴリー
あやめの品種写真画像集

あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第9巻]

あやめ祭り会場[撮影場所:新発田五十公野(しばたいじみの)あやめ園]にて撮影

あやめ品種[ピンクフロスト]-

あやめ品種[ピンクフロスト]
あやめ品種[ピンクフロスト]

あやめ品種[江戸錦]-

あやめ品種[江戸錦]
あやめ品種[江戸錦]

あやめ品種[紅葉山]-

あやめ品種[紅葉山]
あやめ品種[紅葉山]

あやめ品種[涼夕]-

あやめ品種[涼夕]
あやめ品種[涼夕]

あやめ品種[三吉野]-

あやめ品種[三吉野]
あやめ品種[三吉野]

あやめ品種[紅れんげ]-

あやめ品種[紅れんげ]
あやめ品種[紅れんげ]

新発田五十公野あやめ祭り、あやめ園関連リンク集

新発田五十公野あやめ祭りの詳しい情報はこちら
いじみの公園あやめ祭りの雰囲気と写真集はこちら
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第1巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第2巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第3巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第4巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第5巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第6巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第7巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第8巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第9巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第10巻]

カテゴリー
あやめの品種写真画像集

あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第3巻]

あやめ祭り会場[撮影場所:新発田五十公野(しばたいじみの)あやめ園]にて撮影

あやめ品種[旭丸]-やや青みの強い紫色のあやめ 新発田あやめ園では多く見られる品種

あやめ品種[旭丸]
あやめ品種[旭丸]

あやめ品種[十三夜]-二回目の登場(笑 淡い紫が好きな人はこれは好きだと思います

あやめ品種[十三夜]
あやめ品種[十三夜]

あやめ品種[秀英冠]-これもあやめ園にはたくさんある品種 紫色が美しいあやめです

あやめ品種[秀英冠]
あやめ品種[秀英冠]

あやめ品種[花の司]-かきつばた系でしょうか 小さい花ですがあやめ園では存在感のある花です

あやめ品種[花の司]
あやめ品種[花の司]

あやめ品種[浪花錦]-こちらも美しい紫のアヤメ 花元の黄色が美しい特徴です

あやめ品種[浪花錦]
あやめ品種[浪花錦]

あやめ品種[葵形]-白に紫が入っているといってもいいほどの絶妙なバランスの色合いが出ているあやめ

あやめ品種[葵形]
あやめ品種[葵形]

あやめ品種[熊奮迅]-こちらもまさにアヤメといった感じの紫色と花びらです

あやめ品種[熊奮迅]
あやめ品種[熊奮迅]

新発田五十公野あやめ祭り、あやめ園関連リンク集

新発田五十公野あやめ祭りの詳しい情報はこちら
いじみの公園あやめ祭りの雰囲気と写真集はこちら
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第1巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第2巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第3巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第4巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第5巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第6巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第7巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第8巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第9巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第10巻]

カテゴリー
新潟観光のおすすめ

アヤメ種類写真集 パート2

しばたいじみのあやめ園のアヤメの花写真集10種類パート2
しばたいじみのあやめ園のアヤメの花写真集10種類パート1はこちらから

涼夕
涼夕
長生殿
長生殿
日の出鶴
日の出鶴
旭丸
旭丸
十三夜
十三夜
秀英冠
秀英冠
花の司
花の司
浪花錦
浪花錦
葵形
葵形
熊奮迅
熊奮迅
カテゴリー
新潟観光のおすすめ

アヤメ種類写真集

しばたいじみのあやめ園のアヤメの花写真集10種類パート1

焼鳴海
焼鳴海
綴れ錦
綴れ錦
花の司
花の司
秀英冠
秀英冠
十三夜
十三夜
石橋
石橋
朝神楽
朝神楽
淀芭蕉
淀芭蕉
紫苑
紫苑
嵐山
嵐山
カテゴリー
あやめの品種写真画像集 新潟観光のおすすめ

しばたあやめ園会場地図と航空写真

新潟県最大の花祭り しばたいじみのあやめ祭り
会場となる五十公野公園あやめ園は日本四大あやめ園の一つと言われていて
面積1.8ヘクタール(東京ドームの約半分弱)の敷地に300品種60万本のあやめ(花菖蒲)が咲き美しい梅雨の季節を演出しています。
よく質問されるのですがあやめ園まで車では行けません。

_DSC00121

一般の方々はますがた荘の近くにある五十公野公園の駐車場に停めて
歩いて行くのですが、天気の良い週末は10時くらいから満車になっています
駐車場・・・相当広いのですが・・・
ピークの時間は10時過ぎから14時くらいまででそれが過ぎれば
また駐車場には入りやすくなります
また雨の日など天気が悪ければそこまで運んでいないので
ご安心下さい
駐車場から(停めた場所にもよりますが)10分〜15分程度
歩けばあやめ園です
当館からは10分弱くらいでしょうか?
あやめ園まではますがたの周りを歩いて行くルートなのですが
当館側からの道が空いています(笑

下の赤丸がますがた荘で上の赤丸があやめ園
繋いた赤線が道と思って下さい
航空写真のほうが説明するよりわかりやすいかなと思って載せてみました
ご覧のように周りに旅館は無いんですよ
一件宿です(汗

またあやめ園には夜、ライトアップがされていてホタルが飛んでいる姿を
観察することも出来ます
あやめ園の奥には清水が湧き出ているポイントが3箇所有るのですが
(あやめに綺麗な水は必用なんですね)
その水に蛍の住みやすい環境が整う条件に鳴っているのでしょうね

新発田五十公野あやめ祭り、あやめ園関連リンク集

新発田五十公野あやめ祭りの詳しい情報はこちら
いじみの公園あやめ祭りの雰囲気と写真集はこちら
あやめ園会場航空地図

あやめの画像,写真を種類別で紹介するあやめ図鑑

あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第1巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第2巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第3巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第4巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第5巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第6巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第7巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第8巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第9巻]
あやめの画像,写真を種類別で紹介[菖蒲図鑑第10巻]

カテゴリー
新潟観光のおすすめ

ホタル(蛍)が見たい人が新潟の花祭りとセットで楽しむ方法

ホタル(蛍)が見たい

新潟県でもっとも大きい6月の花祭り新発田いじみのあやめ祭り
場所は新発田市いじみのあやめ園

そのあやめ園では夜のライトアップで昼とはまた違った一面のあやめの姿を
楽しむことができます。

image1

6月とはいえお天気の良い昼のあやめ園は
気温が30度近くに上る日もあるのですが
そんな暑いお昼とは違って夜は涼しく楽しむことが出来ます。
そんなあやめ園でもう一つの楽しみといえばやっぱりこれ!
そうあやめ園で見ることの出来るホタルでしょう!!

ここのあやめ園にいるホタルは源氏ほたると言って大きなホタルです
写真撮影はかなり難しいのですが肉眼ではとても美しい蛍の光を
楽しむことができます
スポットとしてはあやめ園全体にいるのですがあやめ園の右奥側の沢が
好きみたいでその近辺にホタルたちの光を見ることができます

image2

写真撮影はやっぱり難しいですね(^_^;)
こんな光を発する蛍達を見て楽しむことができます。

image3

ちょっと無理やり蛍くんを撮影してみました
わかりづらいかな(汗

image4

当館のお食事を楽しんだ後に夕涼みがてらあやめ園まで
散歩してホタルを楽しむのが一番いい楽しみ方だと懐います。
ますがた荘の周りにも小さなヘイケボタルが昔はたくさんいたんですが
こちらの方は残念ながら見つけるのが難しくなってしまいました
たまーにみかけるんですけどね

ホタル観察を楽しみながらあやめ祭りも楽しめる季節は
6月中旬〜6月下旬(7月第一周くらいまで)です
ホタルを子どもや奥妻と一緒に見たい!とおもったら
料理のプランが充実しているますがた荘の予約サイトで
是非ご予約下さい(^^)⇒「クリックで予約ページへ移動します」

歩いていける宿はますがた荘だけですよ♪