上越市立水族博物館

新潟県最南端の水族館 上越市立水族博物館
上越地区〜中越地区の人気水族館でもある
この上越水族館に行ってきました

上越水族館は富山県と長野県からも近い水族館で
ペンギンが近くによって見れる水族館として有名です

上越水族館外観

上越水族館外観

中に入るとこんな感じの筒状水槽や

上越水族館水槽

上越水族館水槽

トロピカランドと言う大きな水槽がお迎えしてくれます(^^)

上越水族館入り口水槽

上越水族館入り口水槽

大きなエイも泳いでいてこの目の前にベンチがあるので
のんびりと観察することができます

上越水族館入り口水槽

上越水族館入り口水槽

マリンピアとは違い熱帯魚系のお魚も豊富です

上越水族館水槽

上越水族館水槽

一昔前に人気者だったウーパールーパーもいます
アホロートル・メキシコサラマンダーの方が正式名称らしいですが
一般的に日本人はウーパールーパーと呼びますね

ウーパールーパー

ウーパールーパー

こちらはアロワナ オレンジアロワナなど色々います
ご家庭で飼ってるものと違い大きいですね

アロワナ

アロワナ

こちらは日本のなまずと雷魚(ライギョ)
カルムチーが正式な名前ですがこちらもほぼライギョと日本人は呼んでます
うちの近所にもこの二種類は生息していますし
どちらもルアーで釣ったことがあります

なまず

なまず

そんな一階を歩いて抜けますと地下(?)
にペンギンコーナーが・・・
その前にジャーン カブトガニ
子供の時はこれが飼いたかったんだよね(^_^;)

カブトガニのお腹

カブトガニのお腹

小さな子供に人気っぽい魚に触れられるコーナー
靴を脱いで入っていいみたいでしたがやめておきました(;´Д`)

魚に触れる水場

魚に触れる水場

さて上越水族館一番の目玉であろうペンギンコーナー
この角度のペンギンの写真ってちょっとおかしいと思いませんか?

ペンギン

ペンギン

こんな角度でも撮れちゃいます
結構いい感じ(^_^)

ペンギン

ペンギン

実はこんな感じに水槽が凹んでいるんですね
これは親切な設計だと思います
ペンギンの事がよーくわかりますね

ペンギン

ペンギン

[ペンギン豆知識]
ここにいる子達はマゼランペンギンで胸に黒い帯状の2本の縞模様があるのが特徴です
マゼラン海峡で一番最初に発見されたことからこの名前がつきました
太平洋側と大西洋側では繁殖がすこし違って大西洋側のアルゼンチンでは
南緯29度以南で繁殖し太平洋のチリ側では南緯41度以南で繁殖します
これはきっと海水の温度が関係しているのではないかなと・・・勝手に
想像しているのですが違うのかなぁ?
主な食べ物は小魚、イワシや鯵などの魚ですが
タコやイカなども食べるんですよ

繁殖期は9月〜翌年の4月頃の間
繁殖場所は平地、急斜面など様々です

ペンギン

ペンギン

最後に水族館中央くらいにある
メイン水槽のマリンジャンボを撮影して本日は終了
この水槽は迫力があってなかなかいい感じなのでした(^^)

メイン水槽

メイン水槽

上越市立水族博物館
場所
〒942-0004 新潟県上越市西本町4丁目19−27
025-543-2449

この記事と関連する記事

一般的なマリンピア日本海への車での地図はこちら
マリンピア日本海の詳しい記事はこちらから
上越市立水族博物館の詳しい記事はこちらから
寺泊水族博物館の詳しい記事はこちらから
佐渡あげしま水族館の詳しい記事はこちらから
イヨボヤ会館の詳しい記事はこちらから

サブコンテンツ

このページの先頭へ