菅谷不動尊


菅谷不動尊(不動明王)

不動明王を祀る新発田市の観光地としてまた
新発田のパワースポットとしても知られる菅谷不動尊こと
諸法山菅谷(かんこく)寺に行ってきました

菅谷不動尊案内看板

菅谷不動尊案内看板

まず入ってすぐにある手水舎で手を洗い身を清め穢(けが)れを洗い流しましょう
一応正式と言われる作法も紹介致します
まず、柄杓を右手に持ち、左手を洗います。
次に、柄杓を左手に持ち替え、右手を洗います。
次に、もう一度柄杓を右手に持ち替え、左手に水を受けて口を洗い、その後、左手を洗います。
最後に、柄杓を立て、柄の部分に水を流します。

菅谷不動尊手水舎

菅谷不動尊手水舎

ここ菅谷のお不動様は日本三大不動尊と言われる場所ですが日本には
三大不動尊と言われる経緯の場所がいくつもあり
僕の調べた限りでも
菅谷不動(諸法山菅谷(かんこく)寺)(新潟県新発田市)
目黒不動 (東京都目黒区) , 成田不動(新勝寺) (千葉県成田市)
中野不動尊 (福島県福島市)
木原不動 (熊本県富合町) , 瀧谷不動 (大阪府富田林市)
などがあります。

線香

線香

菅谷寺(かんこくじ)は鎌倉時代に創建された歴史の有るお寺で真言宗醍醐寺派の寺院です
文治5年(1189)源頼朝の叔父護念が比叡山から逃れた際に
無動寺の不動明王像の頭部を持参してこの地新潟県新発田市の現在の土地に来られたそうです
眼病に霊験ありとして信仰を集めていて,卯年と酉年の開帳には多くの参詣者が訪れています。

菅谷不動尊

菅谷不動尊

歴史のあるお寺だけに彫刻も素晴らしいですね
でもなんで象なのかがとても気になります・・・
龍の彫り物はわかるのですが昔から象の情報は日本に
伝わってたのでしょうか?

神社の美しい彫刻

神社の美しい彫刻

この「みたらせの滝」にはお不動さまを守ったと言われる「たにし」がたくさんいます
たにしを奉納して眼病に霊験が有ると言われる滝不動様の滝の水で
目を洗って祈願するそうです

みたらせの滝

みたらせの滝

ここ菅谷不動尊と何かの縁を感じる
菅谷不動尊の滝というとてもよく似た名前,滝の構図
の場所が茨城県常陸太田市大菅町にもあります
探すときっとなにか色々な共通点があるのかもしれません。

不動明王像

不動明王像

菅谷といえば地元の人がすぐ思いつくものに「菅谷のりんご狩り」があります
県内にりんご狩りが出来る所は少なく秋にお不動様に来られたなら是非
セットで行かれてはどうでしょうか?

倉島農園 場所:新発田市小出1228
期間は9月中旬から11月下旬まで
料金は入園料で大人350円 子供200円(小学生以下無料)
で園内で食べられます。

菅谷不動尊の灯籠

菅谷不動尊の灯籠

年中行事は下記の事が行われているそうですが
詳しくは菅谷寺にお問い合わせ下さい

毎週日曜日、祝日、28日(ご縁日)の
午前11時より本堂にてお勤めをしているそうです
5月5日 花まつり お釈迦様の誕生日をお祝いする行事です
6月25日 大般若転読会 護念上人を偲んでのお経の転読会
御開帳 卯年・酉年(7年ごと)

開山堂

開山堂

菅谷不動尊 菅谷寺の地図


大きな地図で見る

サブコンテンツ

このページの先頭へ